人気ブログランキング |
Top
2008年 12月 09日 ( 2 )
Top▲ |
赤壁の戦い
今更ですが、『レッドクリフ』感想です。


・・・・・こんなの0円よ!(おすぎ風でどうぞ)


ワタクシが三国志に疎いからかもしれません。
面白かった方、ざーっせん!

もうね、曹操役の張豊毅どーにかしてくれい。
(覇王別姫での演技も酷かったけれど、
 レッドクリフではもっと酷い・泣)

梁朝偉目当てでつい観ちゃったのですが、
張國榮(哥哥)と共演している俳優さんばっかりで
哥哥が生きてたら…この役を…とかばっかり考えてしまって、
映画本編とは関係なく、涙が出てしまう始末(バカ)

戦闘シーンもスクリーンで観たらさぞや迫力が!
と思っていたのに…(DVDでいいよ。こんなの。。ごにょごよ。)

パート2まで引っ張るあたり、流石あざといな。
えー○べっくす。

期待していなかった、金城くんがおめめキラッキラで
軍師のいい味出してました。
ちっともスキじゃなかったですが、
ちょっとファンになったっす。

陳可辛監督の『Perhaps Love』での
おい!その薄毛っぷり…驚愕したのですが、
今回はずーらーでよかったですね。
金城くん!(いぢわる)イシシ
Top▲ | by yindii | 2008-12-09 23:12 | 映画
新不了情〜つきせぬ想い〜
海外生活の長い友人が、
「辛いときこのビデオを観るんだ。」と言って、
貸してくれたのがこの映画だった。
(たぶんDVD化されていないので、
 手に取る事が難しいかもしれない。。)

友人も私も遠く日本を離れている時だった。
それ以来ずっと、かなしいときには必ず観る。

袁詠儀(アニタ・ユン)演ずるヒロイン、敏(マン)の
明るさ、強さ、生や愛情に対するひたむきな姿勢が、
油麻地や旺角のあの香港の下町の風俗、
食生活、文化の活気、
映像の端々できらめきに溢れ、
いつでも私に力を与えてくれる。


広東オペラの劇団の一員、
敏(マン)は有名歌手を夢見てはいるが、
持病の再発を恐れ、街頭オペラの手伝いをする毎日。

ある日、隣家に劉青雲(ラウ・チンワン)演ずる、
傑(キット)が引越してくる。

傑は才能にあふれてはいるが、
商業ベースに乗る事を厭うミュージシャン。
人気歌手の恋人ともそれが原因で次第に溝ができ、
別れてしまったのだった。

仕事も恋人も失い落ち込む傑に、
持ち前の明るさで接する敏。
それもかなり図々しい程に(笑)
徐々に頑なだった傑のこゝろをとかしていく…。

表面的には正反対のように見えるふたり。
でも、こゝろの奥底に流れるものは同じだった。
気持ちが惹かれ合うのも当然のこと。

しかし敏の母は、
敏の幼い頃からの難しい持病を心配する余りに傑との交際を反対する。
けれども、次第に傑の真剣な気持ちを知り和解してゆく。

傑の作った曲で敏は歌手デビューを目指すのだが、
敏は…


前半の目映い程の幸福感と暗転する後半の消失感は、
その対比が激しいだけに痛いくらいの悲しみで締め付けられる。

敏の、人との関わり方、愛情の示し方が私にはまぶしい。
傷付く事がこわくて
素直に正直に自分を表現しぶつかって行く事を
避けて生きているからだ。

『困難に直面する時には励まし、不機嫌な時には冗談を。
沈んでいる時には優しい言葉で。とにかくいつも2人一緒に。』
敏の言葉は、男女間にのみならず、
全ての大切な人との関わりにおいて有効だ。


●監督 爾冬陞
●製作 無限影画電影製作有限公司
●上映 1993年(香港)
*第十三屆香港電影金像奨(1994年)5部門受賞
Top▲ | by yindii | 2008-12-09 22:14 | 映画
| ページトップ |


以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
" kitties 3C" Skin
by Animal Skin