Top

常に初陣。
by yindii
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
モン・スカート
e0100392_4171019.jpg


先日、渋谷で見かけたモン族のスカートのコーディネートを
私なりにアレンジ。

最近、GIZMOに夢中です。
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2006-10-13 14:14 | お洋服
スクランプシャスさん。
e0100392_4205719.jpg



先日、お邪魔したヴィンテージショップのスクランプシャスで、
購入した50’s USA のVirgin woolのニットを私なりにコーディネート。
帽子もスクランプシャスさんで。カンゴール60年代のお品物。

細かいディティールがつぶれてしまっていますが、
襟にはスパンクオールと刺繍。
前釦もとても素敵。釦の中央にはちいさなラインストーンが。
袖丈が短めでウエストがシェイプされているのは、
50年代の特徴ですね♪

それにしても、本当にスクランプシャスさんは素敵なお店です。
真心のこもった接客をお客様ひとりひとりに丁寧にされているのには、
心がほのぼのしました。
私も見習わなくては。。。

お店も本当にあたたかで、ずっとすっと眺めていたいほど、
こだわりをもった手作りのお店です。
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2006-10-12 17:16 | お洋服
きぃーーー!
e0100392_5524998.jpg


今まで使っていたブログが大変使いにくく
リニューアルしてくれちゃったんで、
お引っ越しです。

今までのやつ
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2006-10-10 05:54 | おしらせ
モン族のスカート
e0100392_7382614.jpg


ずっと、タイの少数民族の『モン族のスカート』を探しているのですが、
満足のいく一品に出会えません。
ヴィンテージの布や刺繍で繋ぎ合わせれているスカートなんです。

でも、このコーディネートには目から鱗!
カジュアルにもなるんだなぁ〜と感心。。。

先日、スクランプシャスさんにお邪魔したとき、
ノリミさんのモン族のスカートのコーディネートも素敵でした。
ヤンさんに見せて頂いた、作成中のモン族のスカートもとっても
素敵だったなぁ♪♪
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2006-10-09 07:44 | お洋服
テンション高し。
e0100392_69431.jpg


えー只今、青山のHOTELよりお送りしております〜
エステ付きプランなので、全身マッサージしてもらいました。
冷え性ではないけれど、背中の筋肉がかなり固くなっているそうな。
疲れたなぁ〜と思ったら、定期的に背中をマッサージすると
呼吸が深く取れるようになり、安眠出来るとの事。
参考になります〜

その後、『水曜どうでしょう』渋谷PARCO小祭に行きました。
連日、朝5時から整理券を貰うために何百人も並んでいるそうで
明日は4時起きかと怯えていましたが、
20時に下見に行ってみたらばあっさり入れました。(´∀`)
グッズはほとんど売り切れでしたが、
キッズSizeのTシャツは売れ残っていたので
買いましたよお。着れるよお。ちびだからあ。

そんなこんなで明日は予定が空いたので
矢崎仁司監督の『ストロベリーショートケイクス』をシネ・アミューズで観ようっと。

今日はお昼過ぎに由比ヶ浜に行って、ずっと行きたかった
ヴィンテージショップのスクランプシャスさんにお邪魔。
嬉し過ぎて、ハイテンションでしゃべくり倒して営業妨害……反省。

写真は洋ちゃん仕様の、ナマハゲ。

e0100392_658771.jpg


タコ星人さん ニワトリ星人さん
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2006-10-08 23:05 | 水どう
ぼくらが旅に出る理由
e0100392_257876.jpg



10年目の[センチメンタルな旅]
荒木経惟 陽子
冬樹社 1982年出版 初版

「センチメンタルな旅」から10年ののち出版された、
アラーキーと陽子さんのふたりの旅の軌跡。
1981年6月から一か月にわたり、
パリ スペイン アルゼンチンを巡る。

アラーキーが写真を撮り続ける傍ら、
陽子さんは愛情に溢れる眼差しで見詰めている様子が、
この本から伝わってきた。
共有するその時を慈しむ様に日記にしたためている。
このおよそ10年後、陽子さんが癌で逝ってしまう事も
知らず…。
だからこそ、陽子さんの惜しむ事のない愛情に溢れた文章が、
胸を痛くさせる。

陽子さんを亡くしたばかりのアラーキーは
暫く静物(特に花など)ばかり撮影していた事を思い出す。

例え陽子さんはもういなくても、ふたりの愛の旅は
いつまでも、アラーキーの心に止まっているのだろう。

この本はふたりの結婚記念日に発売されている。
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2005-06-09 22:56 | Old-Books
いびつなカタチ。
e0100392_302453.jpg



本日の一冊。

『クラクラ日記』
坂口三千代
文藝春秋 1967年
題字 石川淳

「クラクラ」とはフランス語で野雀のことで、
そばかすだらけで平凡な少女を指す綽名だと、あとがきにある。
作家坂口安吾さんの妻、三千代さんが
安吾と戦後の闇市のバーで出会ってからの生活を
日記形式で書き綴った随筆集。

坂口安吾が酒と睡眠薬中毒で狂気に溺れながら
作家として創作活動を続ける様を書き記している。
いびつな家族の記録。
読み進むうちに三千代さんの様に、
私は人を愛せるか、と自問自答した。
破壊的な安吾をおおらかに受け入れている三千代さん。
暖かい愛情に溢れている。

クラクラ日記より一部抜粋。
『その日、隅田公園まで、彼が帰るのを送って行った。
桜の花が満開で、
私は白い地にレンゲ草の花が群がっている羽織を着、
黒地の着物を着ていた。
彼が良く似合うよと云ってほめてくれたので忘れられない。
そして彼も珍しく着物を着ていた。
彼のうしろ姿が桜の並木道を遠ざかって行くのを、
だんだん小さくなるのをみつめていた。
何故、私はこの並木道をはずれまで、
花の下をいっしょに歩かなかったのか。
私がさよならと云うと、
彼も自然な声でさよならと云って帰って行ったのだった。
私はのちに「桜の森の満開の下」と云う彼の小説を読むごとに、
この時の情景を思い出さずにいられなかった』

この一節を読んで涙が溢れた。  
[PR]
Top▲ | # by yindii | 2005-04-20 21:59 | Old-Books
| ページトップ |


以前の記事
最新のコメント
mimiさん☆ も..
by かおり at 16:42
きゃ~ すーちゃん、恐..
by mimi at 09:56
いろどりやさま☆ ..
by かおり at 22:40
三人三様、みんな可愛いね..
by いろどりやま at 19:07
いろどりやまさま☆ ..
by かおり at 21:29
mimiさん☆ 今..
by かおり at 21:13
政宗くん!お名前からして..
by いろどりやま at 16:49
にゃんと にゃーんと!..
by mimi at 09:39
mimiさん☆ は..
by かおり at 16:59
にゃんですか? その怪..
by mimi at 19:59
カテゴリ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
" kitties 3C" Skin
by Animal Skin